cypher256's blog

Pleiades とか作った

Java 14 付属 Pleiades All in One 2020-03 リリース

Qiita に書きました。Pleiades 本体は Eclipse でビルド、Pleiades All in One と node.js 製のインストーラーは IntelliJ でビルドしています。

  なお、素の Eclipse 2020-03 で Java 14 に対応する場合は、マーケットプレースから「Java 14 Support for Eclipse 2020-03 (4.15)」プラグインを追加してください。

WebFlux と R2DBC の性能検証

Qiita に書きました。記事中からリンクしてる Spring Boot のドキュメントは公式サイトの日本語訳です。WebFlux だと 1 万リクエストが 1.7 秒でしたが、もっと速いと予想してました。スレッド数とかはデフォルトで十分そうだし、他の設定とか変更すると、もっと速くなるのかなー。

 

同時実行性能を求められる要件があり、Web MVC と WebFlux のパフォーマンスを比較しました。WebFlux は Web MVC と同じように Vue.js や Thymeleaf などを使用した画面や、REST API で使用でき、Reactor の継続渡しスタイル (CPS) と関数型プログラミングにより、非同期でノンブロッキングな処理を実現し、少ないスレッドでの並行処理と少ないハードウェアリソースでスケールが可能な Web スタックです。 

WebFlux と合わせて R2DBC の DatabaseClient や WebClient のサンプルも少し載せています。

Spring Boot 入門 - 公式ドキュメントの日本語訳

spring.pleiades.io という Spring 公式ドキュメントの日本語訳サイトを作りました。最新版がほぼ即日で反映され、翻訳は文単位で随時校正されています。入門からリファレンス、Javadoc API ドキュメントなどもあり、Spring Boot で構築したことはあるけど、基本や仕組みも押さえておきたい方は必読です。

spring.pleiades.io

 

 

Spring Boot のプロジェクトを構築する際の基本となる Spring Framework のリファレンスドキュメントです。DI コンテナや AOP などの Spring 根幹のテクノロジーについて記載されています。

 

 

Spring Framework 上に構築されたプロジェクトの一覧。Gradle や Maven の依存関係に追加することで、使用できます。

 

 

Eclipse Pleiades All in One(STS 付属)や Eclipse Spring Tool Suite(STS)を使用して、Spring が提供する Spring Boot 入門ガイドをインポートする方法です。STS は Spring が公式で提供している Spring Boot 開発ツールです。

 

WordPress「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」403 エラー - 会計事務所 M&A

WordPress を使用してサイト構築の技術支援したときの備忘録です。大阪にある会計事務所 M&A NICOT さんのサイトで、会計事務所が M&A の支援サービスを提供している話かと思ったのですが、税理士や公認会計士の高齢化が問題になっていて、会計事務所の事業継承を解決するために会計事務所自体の M&A の需要が増えているそうです(会計事務所の M&A サイトのご紹介 / なつじかんブログ / フェーブ検索エンジン / 会計事務所のM&Aとは / 旧サイト)。WordPressPHP や DB を意識せずにプラグインで大概のことができてしまうのがいいですね。

 

目次

 

テーマのカスタマイズなどでエラー

エラー例1:WordPress > 外観 > カスタマイズ > 内容を編集 > 公開ボタン

何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。

何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。

 

エラー例2:WordPress > 固定ページ > Elementor で編集 > 更新ボタン

サーバーエラー (403 error).

WordPress Elementor サーバーエラー (403 error).

 

これらは、サーバーの WAF (Web Application Firewall) のセキュリティ設定が原因となっていることが多いようです。ロリポップやヘテムル、さくらインターネット、お名前.com などの設定画面から WAF 設定を無効にすることで、更新できるようになります。以下、ロリポップの設定です。 

ロリポップのWAF設定を無効にする

 注意

  • WAF 設定は反映されるまで、かなり時間がかかります。
  • 通常運用時は WAF 設定は有効にしておきましょう。

 

 

お問い合わせフォーム作成

以下 2 つの WordPress プラグインを使用しました。

  • Contact Form 7

    WordPress > お問い合わせ
    からフォーム項目を設定します。内容は設定したメールアドレスに送信されます。設定後、以下のようなショートコードが生成されるので、フォームを入れたいページに、このショートコードを貼り付けます。

    [contact-form-7 id="??" title="コンタクトフォーム ?"]

  • Contact Form 7 add confirm
    Contact Form 7 単体では確認画面がありませんが、このプラグインを追加し、フォーム作成時の一番下に下記のようにボタンを設定するだけで、確認画面が有効になります。

    [confirm "確認"][back "戻る"][submit "送信"] 

 

 

WordPress でランディングページを作る

そのまま、WordPress の固定ページを作成すると、共通のヘッダ・フッタが使用されてしまいます。そこで Elementor というプラグインを入れると、下記のようにテンプレートに「Elementor キャンバス」を設定できるようになるため、完全に独立した自由にレイアウトできるページを作成できます。

WordPress Elementor プラグイン Elementor キャンバス

 

 

 

新 Pleiades で PhpStorm / IntelliJ IDEA を日本語化

PleiadesIntelliJ IDEA を日本語化する手順を記載しています。
IntelliJ や PhpStorm などの日本語化マニュアル


Android Studio、PhpStorm、PyCharm、RubyMine など IDEA 系ベースの IDE に適用可能です。以前の Pleiades のバージョンでは、あまり対応できていませんでしたが、現行バージョンではメニューや設定に関してはほとんどの部分を日本語化することができます。


Pleiades All in One Eclipse 4.3.2 Kepler SR2 リリース

Kepler 4.3 系の最終安定版 SR2 がリリースされたので、合わせて Pleiades All in One もリリースしました。Ant の input タスクで SecurityException が発生する問題は JStyle プラグインで改造版 SWT プラグインに再署名するときに元の署名内容を消さないと新しく署名されない動作になっていたため対応しました。

Pleiades All in One

Eclipse 本体と Pleiades 日本語プラグインを含む各種プラグインのセット
http://mergedoc.sourceforge.jp/pleiades_distros4.3.html

変更内容
  • [#70424] RE: antのinputタスクでSecurityException 対応 (4.3.1 では対応できていなかった)
  • [#70722] Javaコンパイルプラグイン JD-Eclipse を Mchr3k 氏のものから本家に戻した
  • java/7/lib/logging.properties でコメントアウトされている 1 行ログ出力フォーマット設定をを有効化
  • python27.dll、python33.dll が含まれていなかったため python.exe がある場所に配置

Pleiades

Eclipse を日本語化するためのプラグイン
http://mergedoc.sourceforge.jp/

変更内容
  • [#32826] ファイル関連付け、Force.com IDE クエリ結果列ヘッダが翻訳されてしまう問題を修正
  • PyDev の差分訳追加

JStyle

エディタに改行や空白を表示する Eclipse プラグイン
http://mergedoc.sourceforge.jp/jstyle.html

変更内容
  • [#70424] RE: antのinputタスクでSecurityException 対応 (4.3.1 では対応できていなかった)